便秘のしくみ

便秘とは排便できないということなのですが、定義にはいろいろあります。一般的には排便が3日以上ないとか、週に3回以下ということが定義されています。もっともこれは人によってはごく普通のことである場合も多く個人差として片付けられることも多いのですが、消化ということを考えると私たちが物を食べて排泄されるまでは8時間とされています。

ですから、これを鵜呑みにすれば日に3回は排便することになります。それでは面倒なので日に1回程度にすることを長年の生活習慣の中で身につけていったのです。ですから正常であれば物を食べてから8時間後には排便をするのが普通であってそれ以降はちょっと便秘気味ということがいえます。今では毎朝排便するのが健康のバロメータとなっていますが、それでも便秘気味といってもいいかもしれません。ましてや3日排便がないというのは問題があり、ひどいときには1週間排便がないという人もいるのです。ただし、個人差があります。

3日排便がない人でもそれでも正常に生活ができていて数値的に何も問題がなければその排便ペースはその人にとっては健康のバロメータともなりえるのです。それでも1週間も排便がなければさすがに考えなくてはいけません。定期的に排便をしないと腸の中で水分を奪われてますます排便が難しくなります。また、腸の中にたくさんの便を抱えているよりも全部出した方が身軽になるのは間違いありません。ここではいかに便秘を解消するかを考えていきます。



★特選外部サイト
オリゴ糖を利用した便秘克服の体験談について紹介しています → 便秘克服の体験談